LANGUAGE

システム企画の仕事WORK ON SYSTEM PLANNING

シーナッツの商品を創り出し、常に機能の向上に取り組むシステム企画の仕事を紹介します

エージェント接続

TL-リンカーンがまだ連携していないトラベルエージェントと協力し、
「つながる」ためのプロジェクト。

01.オープニングフェーズ

相手=エージェントとの共同作業を始動 「エージェント接続」とは、TL-リンカーンの一括管理対象となるトラベルエージェントを増やすプロジェクトだ。
システム企画グループでこのプロジェクトに携わる櫻木慎吾さんはその意味を「TL-リンカーンを宿泊施設にとってより良い製品にすること」と説明する。
「ある旅館が、トラベルエージェントA、B、Cの3社と契約しているのに、TL-リンカーンが連携しているのがAとBのみで、Cは連携していないということがあります。そうするとトラベルエージェントCもTL-リンカーンで一元管理したいというご要望が出てきます。実際にプロジェクト化が決まったら、システム企画グループがメインとなって開発準備に取りかかります」エージェントC側のシステムをどう調整していくか、そこがプロジェクトの要となる。

POINT

通常2,3か月で完了するが、ときには1年以上の大がかりなプロジェクトになることもある。

02.開発フェーズ

求められる「接続」に向けて綿密に組み上げる シーナッツはシステムを扱う会社だが、プログラミング作業は協力会社に依頼している。
「私たちが取り組むのは、システムの設計図を引く部分です。先方の特性を踏まえつつ検討し、チームで手分けして仕様確認に取り組みます」
プロジェクトには若手からベテランまで参加し、共に知恵を出し合って最善策を探していくという。
先方との打ち合わせでも、TL-リンカーンで管理するには、こちらの方が良いといった提案を積極的に行う。
「プロジェクトの各フェーズで、本当にこれがお客様の役に立つのかを意識します。泥臭くてもお客様最優先です」

POINT

社内での作業は各自のペースで進行し、週1回のミーティングで進捗確認を行って情報共有していく。現在、入社2年目のメンバーも前線で活躍中。
先輩のフォローを受けながらステップアップしていく機会となっている。

03.リリースフェーズ

お客様が「待ってました!」と喜んでくださる瞬間 開発したシステムのテスト結果からユーザー目線での使いやすさの確認ができると、いよいよリリースだ。
「先日も1年以上かかった[接続]がようやく完了し、ずっとお待ちいただいていた宿泊施設の担当者様からとても喜んでいただけました」
このリリースにあたっては、すぐに他の宿泊施設からも数多くの接続希望をいただきプロジェクトメンバーのモチベーションも高まったという。
「システム会社でありながら、ここまでユーザーに目線を向けて開発しているというのは珍しいと思います。
[エージェント接続]のプロジェクトは自分たちの姿勢を再確認できる機会ともなっています」

POINT

近年は海外に本社を置くトラベルエージェントも数多く存在する。すでに世界規模で運用されているトラベルエージェントに対する
「接続」プロジェクトはこれからも増大することが予想され、外国語で交渉できるスキルがますます求められている。

MEMBER

システム企画グループSHINGO SAKURAGI櫻木 慎吾

2014年 中途入社
前職もシステム会社だったが
「もっと社外の人たちと共に新しいことができる環境」を求めてシーナッツへ。
中堅として規模の大きなプロジェクトの統括管理を任されている。
2018年4月より事業創造グループに異動。

TL-リンカーンのバージョンアップ

TL-リンカーンをより充実したシステムへと昇華させるプロジェクト

01.開発準備のための前段階

お客様の言葉をもとに新機能を 「私たちにとっての『バージョンアップ』はTL-リンカーンの機能の向上および新機能の追加のプロジェクトです」と話すのは、
システム企画グループでエンハンスプロジェクトに取り組んでいる高木礼さん。「どのような機能を追加するかを検討するのは、「バージョンアップ会議」。
営業グループやサポートグループなども含めたシーナッツ全体で「TL-リンカーンをもっと良くするためにこうしてほしい」という声を持ち寄り、実際に開発するかを決定するのだ。
「バージョンアップ会議ではお客様のご希望やご期待を検討し、メンバーが知恵を出し合ってどのような機能を開発するか決めていきます」

POINT

宿泊施設からの声に基づいて進行するが、「ページのここにボタンを作って」という依頼に従うとは限らない。
「ボタンがほしいということは何を求めているのか」「どれくらい機能を高められるか」「もっと良い改善方法は?」など徹底的に分析する。

02.開発準備段階

「要件定義書」を作成し見積もりを依頼 開発内容が決定してからは、システム企画グループとしての仕事が始まる。
「実際にシステムを組む作業をお願いしている協力会社に、まずは見積もりをお願いします。そのために必要となるのが『要件定義書』の作成です」
「要件定義書」とは、どのような理由からどのような内容の開発をしたいのかを伝えるもの。依頼内容が正確に伝わる「要件定義書」がないと、先方も正確な見積もりを出せない。また開発自体もこの要件定義書に従って進められるため、認識にズレが生まれるようだと実作業でも必ず誤解を生じる。
バージョンアップの成功そのものが、この要件定義書にかかっている。
案件ごとに要件定義書が必要となるが、入社2年目の高木さんは毎回1案件の要件定義書の作成を任されている。
「もちろん先輩にチェックしてもらいますが、開発の背景や機能の内容をきちんと伝えられるよう心掛け、できるだけ一人で仕上げることを目指しています」

POINT

開発作業を発注する側も、システムについての知識が必要だ。入社当初は知識ゼロだったという高木さんは
「実際にプログラミングをするわけではありませんが、研修のおかげで協力会社さんとの会話でも一歩踏み込めるようになりました」という。

03.受け入れテストからリリースまで

開発後はテストを経てリリースへ 開発着手が決定してからは、システム企画グループの業務は本格化する。
協力会社から見積もりが提示されるとバージョンアップ会議のときと同じく再びシーナッツ社内の各部署が集まり、優先度や予算をもとに最終的にどの案件を開発するかを決定する。
「システム企画グループから協力会社に正式に開発の着手を依頼すると、小規模な案件であれば1〜1か月半ほどで開発が完了します。
出来上がったものが依頼した通りに完成しているかどうか、再びシステム企画グループで『テスト』を行います」
このテストをクリアすると、晴れて新しい機能がリリースされることになる。
「要件定義書を作成するようになってから、これをもとに新機能が追加され、結果として便利になったと喜んでくださるお客様がいらっしゃるという手ごたえがあります。
自分が役に立っていると感じると達成感が大きいですね」

POINT

この仕事の面白さの1つは「物事を最後の最後まで考え抜くこと」と髙木さん。たとえば「この機能を追加したらどのような影響が出るか」など
可能性の洗い出しをすることが多い。「『全部考えつくした!』と思っても先輩に「他にこういうのもある」と指摘されると、まだまだだなと思います」

MEMBER

システム企画グループREI TAKAGI髙木 礼

2016年 新卒入社
学生時代はプロダクトデザイン専攻。
未知の分野でも「人の役に立てる仕事がしたい」とシーナッツに入社し
新卒システム企画グループ1期生に。現在は新入社員のメンターも務める。

エントリーENTRY

2020年新卒者エントリー

リクナビからエントリー

中途採用エントリー

上記ボタンをクリックして立ち上がったメール送信画面に、以下の内容とデータを添付の上、ご連絡ください。 
添付ファイルは暗号化してお送りいただきますようお願いします。

件名:中途採用エントリー
本文:【1】応募職種
   【2】履歴書データ
   【3】職務経歴書データ

シーナッツの個人情報保護方針は、こちらをご一読ください。